かまぼこ・さつまあげ(天ぷら)・コロッケ販売 黒田蒲鉾商店


おすすめ料理レシピ

黒田の平天の韓国風ピリから煮 NEW!!

黒田の平天ピリから煮

オススメの商品

黒田の平天

材料

黒田の平天 (4枚) / 大根 (1/3 大き目の乱切り) /

絹こし豆腐 (1丁) / 市販の和風だし (濃縮タイプ) /

みりん (適量) / 砂糖 (適量) / コチュジャン (適量) / 

作り方

・沸騰した和風だしにみりん、砂糖を入れる。
・お好みの辛さに合わせてコチュジャンを混ぜる。
・あらかじめ下茹でした大根・豆腐・黒田の平天をいれ煮立たせる。

ちらし寿司

かまぼこのちらし寿司

こちらのレシピ【オススメの商品】

黒田の蒲鉾(かまぼこ)

材料

黒田の蒲鉾(かまぼこ) / 椎茸 / 錦糸玉子 / れんこん / にんじん / 紅しょうが / 二杯酢 / ご飯

作り方

・ご飯に二杯酢を入れてかき混ぜて酢飯を作ります。
・椎茸を水で戻し、戻し汁ににんじんを入れて、味付けして煮ます。
・8割方火が通ったられんこんを入れてさらに煮ます。そしてザルにあげます。
・酢飯に、煮た具を入れてかきまぜます。
・最後に、小さく刻んだ黒田のかまぼこと、錦糸玉子と紅しょうがをトッピングして出来上がりです。
※二杯酢や、具の量は、お好みで調節してください。

茶碗蒸し(4人前)

かまぼこの茶碗蒸し

こちらのレシピ【オススメの商品】

黒田の蒲鉾(かまぼこ)

材料

かまぼこ (2切) / 松茸かまぼこ (1切) / ささみ / えび / 焼アナゴ / ユリ根 / ぎんなん / 三つ葉(適量)

<卵液>

卵 (3個) / だし汁(2カップ) / みりん(小2)

薄口しょうゆ(小1) / 塩(小1) 

作り方

1)だし汁を一煮立ちさせ、調味料で味付けしてダシを作り、冷ましておく。

2)鶏ささ身は筋をひき、一口大の削ぎ切りにし、しょうゆと酒で下味をつけます。

3)えびは背わたと殻をとり、酒をふりかけます

4)焼アナゴは一口に切り、ゆり根やぎんなんもさっと湯通しし適量に用意します。

5)ボールに卵を割りほぐし、1のダシを混ぜ合わせ丁寧にこし、卵液を作ります。

6)器に三つ葉以外の材料を入れ、卵液を注ぎます。

7)蒸気の上がった蒸し器で最初の1〜2分は強火のまま、すぐに弱火にして13分程度蒸し三つ葉を仕上げにのせます。

炊き込みご飯(4人前)

        

ちくわと平天の炊き込みご飯

こちらのレシピ【オススメの商品】

黒田のちくわ
黒田の平天

材料

ちくわ (2本) / 揚げ(または、平天) (2枚)
こめ (2合) / ごぼう (1本) / こんにゃく (1枚)

作り方

・ちくわと、揚げ(または、平天)を、薄切りにします。

・ごぼうは、ササガキにします。
・こんにゃくは、拍子ぎりにします。
・それを、ご飯と一緒に、お吸い物ぐらいの濃度のだしで炊きます。

 

広島風雑煮(4〜5人前)

広島風雑煮

こちらのレシピの【オススメの商品】

野菜天
きくらげ入り上天
平天
ごぼう天
いか天

 

材料

大根 (3分の1) / 白菜 (4分の1) /  

黒田のさつま揚げ (写真は野菜天きくらげ入り上天
※お好みで 平天ごぼう天いか天でも美味しいです。 

作り方

・おすましのだしを炊きます。 

・その中に、短冊切りした、大根を、加え、一緒に炊きます。

・その間に、白菜を切って加えます。

・大根がやわらかくなったらさつま揚げを加え、5分ほど炊けば、できあがりです。

蒲鉾(かまぼこ)の飾り切り

蒲鉾(かまぼこ)の飾り切り

おせち料理や、散らし寿司などのアクセントとして、覚えておくと便利な蒲鉾(かまぼこ)の飾り切り。

いつものお料理をほんの少し華やかにする、かまぼこの飾り切りの方法をご紹介してまいります。

さざ波切り

かまぼこのさざ波切り

かまぼこを板につけたまま包丁(やなぎ刃などの薄刃が最適)の先端を板につけて、包丁をジグザグに動かしながら切りおろします。
最後に板から切り離してでき上がりです。

松切り

蒲鉾(かまぼこ)の松切り

かまぼこを2cm程度の厚さに切り、かまぼこの半円になっているほうから、3mm間隔で包丁を入れます。
3mm幅に切ったかまぼこを丸く折り曲げ、切った隙間に挟み込むようにして形を整えます。

あけぼの切り

蒲鉾(かまぼこ)/あけぼの切り

かまぼこを1.5cmほどの厚さに切ります。
切ったかまぼこ上部に、5mmほどの位置に底部を少し残して横から切込みを入れます。
切込みを入れた部分をさらに3mm幅に切り、松切りの要領で挟み込んで形を整えます。

竹切り

蒲鉾(かまぼこ)/竹切り

かまぼこ1本を4つに切り、かまぼこの中心に包丁を入れ、真横から中心に入れた切れ目の端まで包丁を入れます。
包丁を入れたら裏面も同じようにして、包丁を入れて切り離せばできあがりです。

あやめ切り

蒲鉾(かまぼこ)/あやめ切り

かまぼこを2cm幅に切り、底を5mmほど残して厚さ4mm幅で5本の切込みを入れます。
真ん中の1枚を3分の1ほど残して切込みを入れ、かまぼこをひっくり返して、両端の2枚を半分ほどのところまで切ります。
図のように1枚目と3枚目、5枚目を折り曲げて形を整えてでき上がりです。

 

ログイン

伝統とこだわり


商品のご案内


商品のご購入